ドライアイの症状

ドライアイは目を酷使する現代人に増えている病気です。
これは涙が不足して目の表面が乾燥するために起こる病気です。
目の表面は涙の分泌によって潤っており、涙の潤いによって目の表面が滑らかになっています。
しかし、目の表面に涙が不足していると表面を滑らかに潤すことができず、デコボコした表面になってしまいます。
目の表面にデコボコがあると目がものを見る時に光が眼球の奥まで正しく入らず、ものがかすんで見える原因になってしまいます。
また、目の乾燥によりゴロゴロ、チクチクとした違和感や目の疲れ、まぶしさ、痛みなどを感じるようになります。
放置しておくと眼精疲労など体に悪影響を与えるのでケアが必要です。
ドライアイの原因は涙不足ですが、これはまばたきが不足することで起こりやすくなります。
読書やコンピュータを長時間見つめる行為はまばたきの回数が減りがちです。
また、乾燥した空気や風も原因になります。
そのほか、ホルモンバランスやコンタクトレンズ、ストレスも原因になります。
予防するためにはまばたきを意識して増やす、目薬や人工涙液を点眼する、といった方法があります。
また、長時間ものを見続けるのは目の負担になるので休憩を入れることも必要です。
自己判断でケアをしないで受診して専門の治療を受けることをおすすめします。