担保の有無によって2つの種類がある融資

ローンには担保が必要となるものと、必要ないものの2つがあります。
必要なローンの代表的なものに、銀行の行う住宅ローンがあります。
住宅ローンは大きな金額を長期間にわたって融資するため、銀行側は貸し倒れのリスクを軽減するために住宅に担保を設定してお金を貸し出します。
一方、消費者金融の行うキャッシングや銀行のフリーローンでは担保や保証人を設定することなくお金を借りることができます。
このようなキャッシングの利点としては、審査がスピーディーだということです。
審査項目が少ないため、住宅ローンなどと比べると融資までの時間が圧倒的に短く、多くの消費者金融では即日融資を謳ってその日のうちにお金を貸し出すことのできるサービスを売りにしています。
ただし、住宅ローンなどと比べると、保証がない分どうしても金利は少し高くなってしまいます。
それでも審査基準が低めで多くの人が利用することができるというのはキャッシングの大きなメリットです。

合わせて読みたい情報:CLICK HERE