ゲストハウスで東京に住む

近年、ゲストハウスという住まいの形が注目されていると感じます。
他にもシェアハウスやドミトリーなど、似た形態についての言葉を聞くことが増えました。
ゲストハウスは一つの建物の中で何人かが一緒に暮らす住まいのことです。
友人などと住むこともあれば、全く知らない人との共同生活もあります。
多くの場合はプライバシーが守れる自分の部屋と、それとは別の共有スペースがある形です。
独立した個室がない相部屋形式の場合もありますね。
この形は狭い地域に人が多く住みたいところには最適なのではないかと思います。
例えば東京のような大都市はどうでしょうか。
東京のゲストハウス・シェアハウスを紹介する物件情報サイトを参考にしてみると、個性豊かな家々があることがわかります。
シンプルなものからデザインに凝ったようなおしゃれなものまでさまざまです。
駅に近い物件も多く、同じくらい綺麗な部屋に住もうと思ったらもう少しするかも、と思う値段設定のものもあります。
また、共有部分で他の住民とつながることができるのも素敵ですね。
東京では仕事場・学校と家の往復ばかりで、家族とも離れ、少しさびしい思いをする人も多いと言います。
ゲストハウスでの緩やかな共同生活を送る間柄は、家族よりは遠く、外の友人たちよりは近い不思議なつながりです。
こんな環境ならば、同じ家を選んだ仲間たちと共に、一人きりの部屋に帰るよりも楽しい生活ができるのかもしれません。http://www.oakhouse.jp/