努力家の先輩

努力家の先輩にはいつも感心させられます。
仕事でも人に比べて常に、その目標を達成数プランを立てて計画的に行動しているのです。
また、自分には何が足りないのかということを常に考えており、業務の間に新しい業務効率化のための企画を立案したり、休みの日などには業務に必要な資格の勉強をしていたりと、常に新しいことにチャレンジしているのです。
チャレンジしているだけならだれでもできそうですが、先輩はいつも必ず結果を出してきます。
目標を設定したら必ずその目標以上のことを達成しますし、資格の勉強をしていると思ったら、いつも思っていたよりも短期間でそれらの資格を取得して、実際の業務に反映させているのです。
周りの人は彼のことを天才だとほめたたえるのですが、単なる天才だからできるような行動ではないことを私は知っています。
まさに、息をするように努力を継続することができる習慣を持っている先輩を、私はひそかに尊敬しているのです。