求められることになるコースに合わせた料金設定がされた翻訳

日本で国際的なビジネスを行いたいと思ったとき、大きなハードルとなってしまう可能性があるものとして、言語があります。
日本語は残念ながら国際的な言語というわけではなく、日本以外ではほとんどそのままでは通じることがありません。
そうである以上、ビジネスとしての言語が利用できるようになっていなければ、国際化の道が鎖されてしまうことになります。
しかし、こういった時に利用できるサービスというのも存在しています。
ここでは、そんなサービスの1つとして、翻訳サービスのトランスマートについて紹介します。

このトランスマートではレベルに応じた翻訳サービスを提供できるようになっており、ビジネスレベルでの英訳や日訳が行えるようになっているだけではなく、個人レベルでの英訳や日訳にも利用ができるようになっています。
ここで特徴となっているのは、求められることになる翻訳内容のレベルに応じて、必要となる料金の設定が違っているという点です。
個人利用をベースとしている場合については、英語から日本語に訳する場合について1ワード8円程度の設定であるのに対して高品質が必要となるビジネスの場合については1ワード15円程度というような設定となっています。